鍼灸治療が適応の病気の例
川口市の現役獣医師 漆原が解説いたします。

動物(犬、猫)の鍼灸治療が適応の病気の例

神経、運動器の病気

椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、関節炎、リウマチ、膝蓋骨脱臼、股関節形成不全(脱臼)、変性性脊髄症(DM)、加齢やその他の病気による足腰の痛み・筋肉の衰え
■症状
痛がる、動きたがらない、足をひきずって歩く(跛行)、立ち上がるのに時間がかかる、歩くのがゆっくりになる、手足の甲がよごれる、きれいな姿勢のおすわりやふせができない、後肢の麻痺や四肢の麻痺 など

循環器、呼吸器の病気の病気

僧帽弁閉鎖不全症(MR)などの心弁膜症、心不全、気管支炎、肺炎、気管虚脱
■症状
咳が出る、呼吸が荒い、運動を嫌う、疲れやすい、運動すると舌が紫になる など

消化器の病気の病気

歯周病、口内炎、胃潰瘍、膵炎、アレルギー性腸炎や炎症性腸炎などの腸炎(IBD)、胆泥症、肝炎、肝不全
■症状
食欲低下、下痢、嘔吐、便秘 など

泌尿器の病気

腎不全(尿毒症)、膀胱炎、尿路結石症
■症状
多飲多尿、オシッコの色がいつもと違う(薄い、濃い、赤い、濁っているなど)、オシッコの回数が増える、オシッコが出にくい、尿もれ など

生殖器の病気

前立腺肥大、子宮蓄膿症
■症状
オシッコが出にくい、血尿がでる、便秘、、多飲多尿、食欲低下、嘔吐

ホルモンの病気

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)、副腎皮質機能低下症(アジソン病)、甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、糖尿病
■症状
多飲多尿、多食、脱毛、肥満、皮膚の黒ずみ(色素沈着)、皮膚の乾燥、腹部膨満、低体温、徐脈、元気がない、食べてもやせていく など

皮膚の病気

アレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、膿皮症、イボ
■症状
痒み、湿疹、かさぶた(痂皮)、イボ、皮膚の赤み、黒ずみ、乾燥、脱毛 など

その他

てんかん発作、前庭疾患、認知症による諸症状。ガン、血液疾患、免疫疾患の症状を和らげる緩和ケア。

ACCESS

ピア動物病院について

こんにちは。院長の漆原(うるしばら)です。ピア動物病院では、「やさしさ」を大切にし、小さな家族への診療を行っています。 川口で動物病院をお探しの方がいらっしゃいましたら、ピア動物病院にご相談ください。
ピア動物病院写真
病院名 ピア動物病院
住所 埼玉県川口市芝6990-14
電話番号 048-268-7679
営業時間 9:00-11:50 16:00-18:50
定休日 木曜日
最寄駅 南浦和駅
お気軽にお電話ください
048-268-7679 048-268-7679
9:00-11:50 16:00-18:50
埼玉県川口市芝6990-14