椎間板ヘルニアになってしまった犬のトイレのさせ方
川口市の現役獣医師 漆原が解説いたします。

ヘルニアになってしまった子のトイレのさせ方

椎間板ヘルニアの進行具合・グレードにもよりますが、犬が自分の意思で排尿をできないこともあります。

 

動物病院に入院をしている間は、病院のスタッフが処理をしてくれますが、退院しておうちに帰ってきたら自分たちで排尿のケアをしてあげないといけません。

 

ヘルニアの症状が進行すると、自分の意思で排尿ができなくなりますので、膀胱がおしっこでいっぱいになってしまいます。

 

そのまま放置してしまうと膀胱炎などの症状になり、死んでしまうこともあります。

ですので、お家では膀胱を圧迫して排尿させてあげる、圧迫排尿というケアを行ってあげてくださいね。

椎間板ヘルニアになってしまった子のトイレといっても、大きく2つありますよね。

 

・ウンチ

・おしっこ

 

です。
まずウンチについては、ご飯を食べてくれさえすれば基本的には出してくれます。

※本人の意思とは関係なくお腹の中の働きにより出てくるというイメージです。

ウンチも出ない場合は、ヘルニアの症状が相当重い状態であるとも言えます。

 

ウンチに関しては、犬自身の意思とは関係なく出てくるためポロポロと出てくることが多いです。

難しいのはおしっこの方です。
犬は椎間板ヘルニアになると、グレード(進行度合い)によっては自分でおしっこをすることができなくなります。

 

そうすると、おしっこが膀胱にどんどんたまってパンパンになり、放っておくと尿毒症膀胱炎になってしまいます。

 

病院に来てもらえれば圧迫排尿の処置はしますが、1日に数回圧迫排尿のために病院に来てもらうのは現実的ではありませんので、病院で圧迫排尿のやり方を教わってお家でできるようになりましょう!

 

圧迫排尿の周期は1日に3~4回程度やってあげるといいですね。

 

膀胱がパンパンになる前にやってあげるのが、尿毒症や膀胱炎にならないようにするコツです。

 

おしっこが溜まっているかどうかは見た目ではわかりませんので、定期的にお腹を触って膀胱が張っていないかチェックをしてあげてください。

 

最初は膀胱がどのあたりにあるのか、わからないかもしれませんが、1度コツをつかめればすぐに1人でできるようになります。

 

 

ヘルニアの子のトイレのさせ方(おしっこ編)

・下にペットシーツを引く
・後ろ足の前あたりにある膀胱を優しく圧迫してあげる
・おしっこが終わったら軽くふいてあげる

 

ヘルニアの子のトイレのさせ方(圧迫排尿のやり方)について動画を撮影しアップしました。

 

動画だけでわからない場合は、かかりつけの先生に確認してくださいね。


 

ちなみに、ヘルニアになった子におむつをさせる飼い主様が多いですが、おむつは皮膚のかぶれの原因になります。

 

飼育環境にもよりますが、可能であればおむつはなしの方が理想です。

 

もしおむつをする場合は、こまめに状態を確認してあげておしっこをしていたら、周囲をきれいに拭いてあげて新しいおむつへ交換してあげてください。

 

ヘルニアになるとトイレの処理が大変!

 

と思うかもしれませんが、そもそも

・おしっこ
・ウンチ

 

がでなかったら、大変なことになってしまいます。


処理は大変かもしれませんが、おしっこ、ウンチをしてくれるだけありがたいことだと思って、介護してあげてくださいね。

ACCESS

川口のピア動物病院について

こんにちは。院長の漆原(うるしばら)です。ピア動物病院では、「やさしさ」を大切にし、小さな家族への診療を行っています。 川口で動物病院をお探しの方がいらっしゃいましたら、ピア動物病院にご相談ください。
ピア動物病院写真
病院名 ピア動物病院
住所 埼玉県川口市芝6990
電話番号 048-268-7679
営業時間 9:00-12:00 16:00-19:00(受付 10分前まで)
定休日 木曜日
最寄駅 南浦和駅
お気軽にお電話ください
048-268-7679 048-268-7679
9:00-12:00 16:00-19:00(受付 10分前まで)
埼玉県川口市芝6990