ヘルニアになった子のリハビリ散歩について
川口市の現役獣医師 漆原が解説いたします。

ヘルニア後の散歩について

犬が椎間板ヘルニアの手術後、家に帰ってケージレストで絶対安静というのは、よくあるケースです。

 

しかし、だんだん症状がよくなってくると、犬から散歩に連れていけ!攻撃がはじまります。


でも動物病院の先生からは●ヶ月は絶対安静と言われてるし・・・
こんなときの対応について解説いたします。

まず基本は、椎間板ヘルニアになってしまったら絶対安静ということを覚えておきましょう。

とはいえ、ずっとケージの中に入れておくと、犬もストレスがたまります。

 

そんな時はかかりつけの主治医の先生と相談しながら、徐々に外出(お散歩)計画を立てていきましょう。

 

ケージレストの状態からいきなりお散歩へ行くと、無理をして症状を悪化させてしまう可能性があります。

 

最初の外出はワンちゃんを抱きかかえて家の周りをぐるっと回るくらいでいいでしょう。

 

抱っこされた状態でのお散歩だったとしても、ずっと家の中にいたストレスはだいぶ軽減されるはずです。

※抱っこの仕方を間違えるとヘルニアが悪化します!!!
正しい抱っこの仕方の動画をアップしているので必ず確認してください。

>ヘルニアになってしまった子の抱っこの仕方

主治医の先生と相談しながらですが、ヘルニアの症状が良くなってきたら、お散歩に出してあげましょう。


ヘルニアの子を初めてお散歩するときの注意点

■歩く時に足が返せない状態であるいていないか?

 

ナックリングという状態です。
←の画像だと右前足を、そのまま地面についてしまったり、引きずりながら歩いてしまうような状態。

 

椎間板ヘルニアの場合、主に後ろ足が麻痺するので、後ろ足に注意!

 

ナックリング状態になると、爪と地面がこすれるため歩く時に独特の音がします。

 

ヘルニアの子を始めてお散歩させる時には、ナックリング特有の音と歩き方に注意をしてください。


※運動をしていないと爪も伸びてしまいます。
動物病院へ通院した際に、爪切りを済ませてからお散歩へ出かけましょう。

 

ナックリング対策の靴も販売しています。
詳細はかかりつけの病院に相談しましょう。

椎間板ヘルニアになってしまった子のお散歩で気を付けてほしいのは、

 

・階段などの上下運動はだめ

・最初は歩きすぎないこと

・腰を冷やさないようにすること

 

です。

特に冬などは腰を冷やさないように注意をしてください。


お散歩前や、お散歩後など時間ができた時でいいので、

 

↑ 棒灸(棒状のお灸)をやってみてください。


棒灸に火をつけて、腰の周りでクルクル回すだけ。


その時にもう片方の手で腰のあたりをさすってあげると、温度感を確認できるのでおすすめです。

 

棒灸は、鍼灸をやっている動物病院だと販売していたりします。

なかなか見つからないようであれば、当院へお電話にてご相談ください。

ACCESS

川口のピア動物病院について

こんにちは。院長の漆原(うるしばら)です。ピア動物病院では、「やさしさ」を大切にし、小さな家族への診療を行っています。 川口で動物病院をお探しの方がいらっしゃいましたら、ピア動物病院にご相談ください。
ピア動物病院写真
病院名 ピア動物病院
住所 埼玉県川口市芝6990
電話番号 048-268-7679
営業時間 9:00-12:00 16:00-19:00(受付 10分前まで)
定休日 木曜日
最寄駅 南浦和駅
お気軽にお電話ください
048-268-7679 048-268-7679
9:00-12:00 16:00-19:00(受付 10分前まで)
埼玉県川口市芝6990

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。